【最強ドリブル塾】DVD教材で上達するのか?実践!

lionel-messi-barcelona-la-liga_26-195


  • 【⑤斜め45度からの突破】

足が遅い子供・体の小さい子供でもDF突破率が高まるサッカードリブル上達DVD教材 【⑤斜め45度からの突破】

☆【自分より身体能力の高い選手を抜く】

自分で実戦してみた
サッカー教材の中のひとつ、
川島コーチの最強ドリブル塾の中の、そのDISC5の報告
2016-08-16 09.54.45

 

 

この川島コーチのDVD教材のDISC5
のメインテーマは

斜め45度からの突破である。

 

この斜め45度からの突破とは、
単純に、サイドの選手が、いかに
相手を崩すかのイメージをもってもらうと
よいと思います。

ただ、内容は、とても深いです。

 

具体的には、
サイドでボールをもったときに、いかに
相手にしかけていくかを、どちら足でさわるかも
意識しながら、練習していきます。

 

まず、ボールの持ち方。
たとえば、右サイドでもったときに
どちらの足でさわっていくか。

そして、しかけるときの
軸足のおきどころ。

そういったところをDVDで確認できます。

 

そして、最後には、【 自分より身体能力の高い 】DFを

ぬくことができるようになります。

 

 

はじめはコーンをつかった
練習から始まります。

 

まずは、単純に、斜めのドリブル練習から
はじまるのですが、
ここで、川島コーチの
まっすぐドリブルしなさい
という言葉が、とても参考になりました。

 

小学生レベルだと、
まっすぐドリブルすることすらできないのです。

 

つまり、自分のおもうところに
ドリブルでコントロールできないのです。

 

昨日、たまたま高校生の試合をみたのですが、
相手を抜いた後のコース取りがわるく、
結局相手においつかれてボールをとられてしまいました。

 

よく考えると、コース取り云々のまえに、
思った通りに、ドリブルコースをとれないというだけであったかも
しれません。こうしたことにも、注意が必要です。

 

この5枚目のDVDで学ぶポイントは

 

1,どちら足でさわるか。

2,どの程度、軸足を飛ばすか。

3,3歩目で100%のスピードにいかにのるか?

4,相手の反応をみていかにシザースをやるか?

 

といったところです。

 

そして、常に頭に入れておきたいのが、

【 自分より身体能力の高い相手 】をいかにだますか? です。

 

メッシがドリブルすると

相手がかってに倒れることがあります。

このことは、実は、

【 自分より身体能力の高い相手】 をだましていることに他ならないのです。

 

下記の動画では、相手が勝手に先に倒れる場面もでてきます。

 

【 自分より身体能力の高い相手 】をいかにだますかを
イメージしながら下記の動画をみてみましょう。

 


メッシのドリブルはやはり魅力的ですね。
こうした【 自分より身体能力の高い相手 】を

 

翻弄するドリブルを身につけるためにも、
いろいろな練習をしていきましょう。

 

【自分より身体能力の高い相手】に勝つためのドリブル塾はこちら

 

 

 




Pagetop